エンディング産業展で作ったアライアンス

昨年11月24日から三日間東京ビッグサイト青海展示場で開催されたエンディング産業展2020年にて様々な会社さんが参加されました。
今まではなかったような会社が参加されたことはとても喜ばしいことです。
何しろ、何故この時期に新規参入者がいるのかと。

実際は、新規参入者ではなく、葬儀業界と取引があった会社さんたちです。
一つは真珠産業。
もう一つは追悼関係。

真珠といえば妻の実家が神戸の真珠屋で、私も当時は色々と仕入れて販売していました。
婚礼時には真珠ということで。
実際、真珠はナマモノであり、本来葬送儀礼にはふさわしくないということだったのですが、それを言ったら通夜時の直会(なおらい)で故人へのお清めとして出されるお寿司やお刺身もアウトになります。
文化は時代とともに進化しています。

 

(さらに…)

YouTube公式サイトを開設

この度、有限会社ワイ・イー・ワイとしてYouTube公式サイトを開設しました。
今まではYEYSHONANとして活動していましたが、こちらはあまりにも情報や内容が分散しすぎてバラエティ番組に近い状態になり、改めて今年からビジネスオンリーのサイトを作りました。

ぜひ皆様にご登録いただくようお願い申し上げます。

ここでは葬儀、相続、終活、そして葬祭業を含むビジネス全般、そして当社のもう一本の柱のキャラナビを使った死に方改革®の内容を話をしてまいります。

 

当社と致しましては、「葬儀は要らない!弔いも要らない」世界へのチャレンジをして参りたいと考えております。
Y.E.Y.としては昨年2020年9月を持ちまして20周年を迎えました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

チャンネル登録はこちらへ:
https://www.youtube.com/channel/UC2lYLOKbKpbVyb1olCAgRWQ

2021年新年明けましておめでとうございます

令和3年、2021年 新年明けましておめでとうございます

昨日七草粥を召し上がった人が多いかと思います。
七草とは:セリ、ゴキョウ、ハコベラ、スズナ、スズシロ、ナズナ、ホトノザ

先人の知恵で邪気を払う意味でもありましたが、お正月に食べ過ぎた胃腸を休ませる工夫もあります。

昨日、緊急事態宣言が発令されました。
当社もそれに従い、移動を当分の間、中止します。
オカチ基地の収録スタジオは当分の間は使用禁止。
ミーティングもすべてオンライン。
zoom、Teams、Meet、Skypeにて対応いたしますのでよろしくお願いいたします。

また、お亡くなりになった方々へお悔やみ申し上げます。
そしてコロナにて療養中の方々は一刻も早く回復されて元気に社会へご復帰されることを心より願っております。

これは、誰も責めてはならないのです。
次は我が身かも知れません。

本年もよろしくお願い申し上げます。

令和3年1月8日
有限会社ワイ・イー・ワイ
代表取締役 和田裕助

お客は何に困っているのか?

葬祭業のコンサルティングをやっていると、お客が困っていることはただ一つ。
どうやって仕事を増やすか。
仕事が増える=売上が伸びる。
経費が伸びてはならないのは鉄則だ。

葬儀社の難しさというのはマーケティング(種まき)は出来てもバーゲンセールは出来ない。
まして、今は三密を避けるために出来るだけ大きな葬儀を誰もしたくてもできない。
今までの「会員制」で割引制度を設けていた時代はもう古い。
お客は作れない!

  • ウェブサイトがあります。
  • 値段も公表しています
  • 予約もできます。
  • 見積もりもできます。
  • エンディングノートセミナーしました
  • 事前相談もできます

いや、これじゃダメなんです。

(さらに…)

東京営業所

オフィスの一分機能を東京に移しました。
住所は日本外国特派員協会と同じ丸の内二重橋ビルです。

〒100-005 東京都千代田区丸の内3-2-2
丸の内二重橋ビル 2F

よろしくお願いいたします。

 

岡江久美子さんのお別れ会断念と・・・

今、Yahoo Newsを見ましたらコロナ禍で断念されたとのことです

このリンクは多分、数日後に消えるので404が出るかと思いますのでっと言うことで一部、魚拓でシェアいたしますがご了承ください

https://news.yahoo.co.jp/articles/3d20ebe9b16faabda85575a0b2926e92eb54cb7e

岡江久美子さんお別れ会断念… Yahoo Newsより

このコロナ禍で葬儀が圧倒的に簡素化されました。
まして大きな式場を持っている会社は苦労されていらっしゃるかとも思います。
今日の東京都の発表は95名(これは昨日の検査数なので月曜日はいつも低い)。
岡江久美子さんの葬儀、志村けんさんの葬儀、みんな手探り状態なのです。

(さらに…)

セカンドライフ、アゲイン

リンデンラボの「セカンドライフ」を憶えていらっしゃいますでしょうか?
「セカンドライフ」はアバターを利用して約10年くらい前に大ブレイクし、仮想現実の世界で、大勢がそこの土地(存在しないけど)おカネを突っ込んで買ったり、そこで売買したり(しかもリアル通貨で)した今では考えられない世界でした。

それを思えば、Sim Cityのほうがずっと健全ではあった。
今でもセカンドライフは3D化されて活動されいているみたいですが、当時の盛り上がりはなくなっているかと思います。

そんな中、当時から任天堂では「どうぶつの森」がありました。
うちの子もハマってWiiでずっと遊んでいました。
私自身はゲームをしない(卒業しまいた)ので触りませんが、うちの子はおとなしくてお茶犬が好きだったくらいで、ほのぼのしたゲームにハマり毎日やっていました。

その延長版が、「あつまれどうぶつの森」で更にみんなが参加できるゲームだということですね。
ちなみに、香港で反中共として活用して、中国では販売禁止になったくらいです。

 

(さらに…)

Googleさん50億ドルの訴訟

毎度お騒がせしてますね
原因は、トラッキングってことですね。

https://support.google.com/chrome/answer/95464?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

ブラウザにはプライベートモードと言うのがあります。
これは、Cookieとか保存させないためにあります。
更に自分がどのようなサイトを見ていたとか、封じ込めるためです。

もちろん、プライベートモードは万能ではありません。
DNSを検索するときに、サーバには残ります。
更に、接続先にはIPアドレスなども残ります。
もちろん、MACアドレスも残ります。

しかし、なぜそれがGoogleさんが読み取っているの?ってことです!
プライベートモードだからそれを読み取ることは禁止。
そこがGoogleさんなんだな〜

Googleさんより

プライベート ブラウジングの動作の特徴

  • 閲覧履歴、Cookie とサイトのデータ、フォームへの入力情報は保存されません。
  • ダウンロードしたファイルと作成したブックマークは保持されます。
  • アクセス先のウェブサイト、雇用主、学校、ご利用のインターネット サービス プロバイダには、閲覧内容を知られる可能性があります。

Don’t be evil がモットーだった(すでに数年前から消されてます)Googleさん。
Et tu Google? ってことですね

私は Vivaldi Ambassador

(さらに…)

Zoomの運命は次のBlackBerryか、それともAndoridか?

TechcrunchのExtra Crunchにて記事が掲載されていました。
残念ながら、この記事のすべてを日本国内で読むことが出来ません。
何故だか、規制をかけている意味がよくわからないのですが。
しかし、一部は読めるのでご紹介いたします。

Zoomは現在飛ぶ鳥を落とす勢いでオンライン会議の市場を制覇していってます。
かつてのBlackBerryがケータイ市場を網羅したと同じように。
Zoomは次のAndroidになれるか、それともBlackBerryになるのかが持ち上がっています。

 

つまりZoomは新興企業で未だに問題が多いです。
セキュリティ以前にOSの違いでUIが変わっていたり、機能が使える人と使えない人もいる。
ナンで?と思うくらいメチャクチャです。

(さらに…)

YouTubeチャンネルは統合?

私もYouTubeのチャンネルはいくつか持っています。
テーマごとに分けていました。

一つは、メインのチャンネルでアカウント名が RogerWada で11年前に始めました。
これがYEYSHONANのアカウントです。

ちなみに、Rogerのペンネームを授けてくださったのが、青山でギャラリーほかりを主催されていた安友志乃さんです。
色々とあり、すごく仲良くなり、「和田さんは外国人だからユースケよりもRogerがいい」と言って、それからロジャー(笑)
ちなみに、私はPink FloydのRoger Waltersのファンでもあるし、007 Roger Mooreのファンでもあったので、名前をつけて頂いたとき嬉しかったです。

それ以降、YouTubeチャンネルはRogerWadaのアカウント名でやっていました。

もともと玄光社のCommercial Photo誌に掲載されていて、当時、私は大判カメラも積極的に扱っており、スタジオ撮影なども研究していたところで、安友さんに会いに行ったのがきっかけでした。
その後、安友さんはご家族で渡米されました。

https://amzn.to/2zPNdMr

 

さて本題(笑)

YouTubeチャンネル統合は可能なのか?
Google先生に聞いてみました。

(さらに…)