ホーム » 「ビジネス」タグがついた投稿

タグアーカイブ: ビジネス

セカンドライフ、アゲイン

リンデンラボの「セカンドライフ」を憶えていらっしゃいますでしょうか?
「セカンドライフ」はアバターを利用して約10年くらい前に大ブレイクし、仮想現実の世界で、大勢がそこの土地(存在しないけど)おカネを突っ込んで買ったり、そこで売買したり(しかもリアル通貨で)した今では考えられない世界でした。

それを思えば、Sim Cityのほうがずっと健全ではあった。
今でもセカンドライフは3D化されて活動されいているみたいですが、当時の盛り上がりはなくなっているかと思います。

そんな中、当時から任天堂では「どうぶつの森」がありました。
うちの子もハマってWiiでずっと遊んでいました。
私自身はゲームをしない(卒業しまいた)ので触りませんが、うちの子はおとなしくてお茶犬が好きだったくらいで、ほのぼのしたゲームにハマり毎日やっていました。

その延長版が、「あつまれどうぶつの森」で更にみんなが参加できるゲームだということですね。
ちなみに、香港で反中共として活用して、中国では販売禁止になったくらいです。

 

(さらに…)

YouTubeチャンネルは統合?

私もYouTubeのチャンネルはいくつか持っています。
テーマごとに分けていました。

一つは、メインのチャンネルでアカウント名が RogerWada で11年前に始めました。
これがYEYSHONANのアカウントです。

ちなみに、Rogerのペンネームを授けてくださったのが、青山でギャラリーほかりを主催されていた安友志乃さんです。
色々とあり、すごく仲良くなり、「和田さんは外国人だからユースケよりもRogerがいい」と言って、それからロジャー(笑)
ちなみに、私はPink FloydのRoger Waltersのファンでもあるし、007 Roger Mooreのファンでもあったので、名前をつけて頂いたとき嬉しかったです。

それ以降、YouTubeチャンネルはRogerWadaのアカウント名でやっていました。

もともと玄光社のCommercial Photo誌に掲載されていて、当時、私は大判カメラも積極的に扱っており、スタジオ撮影なども研究していたところで、安友さんに会いに行ったのがきっかけでした。
その後、安友さんはご家族で渡米されました。

https://amzn.to/2zPNdMr

 

さて本題(笑)

YouTubeチャンネル統合は可能なのか?
Google先生に聞いてみました。

(さらに…)

エコな葬儀を考える

トレンドはエコです
エコ=エコロジー、エコノミクス、エコシステムがメインです
エコカー、エコフレンドリーとかは「エコロジー」との合体の言葉です。
あまり聞き慣れない言葉ですが「エコサイド」と言うのもあります。
EcocideはEcologyを殺す(Cide)はジェノサイド(民族大虐殺)やスアサイド(自殺)のサイドです。
つまり、人為的影響にて環境を大きく破壊するという意味です。

合掌 🙏

そんなことで、ご葬儀のエコを考えてみました。
やはり今、アフリカとインド、パキスタンでバッタの大群が押し寄せてきています。
マジにヤバいぞというレベルで穀物を食い散らしています。
あのバッタは向かうところ敵なし!

 

(さらに…)

Google Video Builder ベータ

Googleが提供するYouTube広告作成アプリを発見しました。
実は、まだこれがベータで、利用するにも制限があります。

  • その条件はGoogle Adsの登録番号が必要。
  • Google Chromeを利用する。
  • 申請が必要(受理まで最大平日5日間くらい掛かる)
  • テンプレートが少ない

ってことですが、面白そうなので、教えちゃいます(笑)

 

どうやら4月に発表されていたみたいですがYouTubeビデオは去年の11月21日に公開されています。

つまり、これはバージョンアップ版ですね。


(さらに…)

Googleさんが全社員へ賞与

コロナ騒動で自宅勤務、つまりテレワークが主流になりつつあります。
日本は緊急事態宣言を昨日から解除されましたが、他の国ではまだ先のことです。
その中で、日本は給付金として10万円を国民に提供しました。
しかし、本当に足りるの?
いや、足らないでしょう。
だからこそ、皆さん、そのまま営業を続けたわけです。
さて、今回はGoogleさんが出される特別賞与です。

 

羨ましいですね。
しかし、手取りはいくらになるの?って考えてしまいました。
とくに日本の場合は税引き後の金額が振り込まれるはず。
手取り=額面ー(源泉税+社会保険料)です。

Google Giving Employees $1,000 to Help Work From Home

 

税金が安い国や社会保険などがない国(アメリカ)などはいいけど、日本はトホホが増えます。
そもそも、Googleさんでは今は他の課題が勃発しています。

(さらに…)

今後10年の葬儀のトレンドは

10年後どころか明後日の天気ですらわからないのに、10年後を予測するの?
お笑いでしょうけど、ご愛嬌ということで。

さて、葬儀業界は私が幾度も多くのところで言ってますが、縮小しています。
人が多く亡くなっているのに縮小とはどういうことだ〜って。
人が亡くなる数は多くても、葬儀に使う金額はとても縮小している。

つまり葬送ビジネスは廃れていく産業でもある。
jFuneral.com でも伝えたが、日本の葬儀ビジネスは完全競争市場に近い産業であり、今では儲けを出すには非常に難しくなっている。

葬儀業界があまりにも意味不明であったから、それを優しく説明してくるYouTuber佐藤さんみたいな方がとっても人気がある。
あのお方の本業はYouTuberではありませんので!ちゃんとした正統派の葬儀屋さんです。

その中でトレンド、5年先、10年、15年、20年はどうなるのか。
5年と言えば2025年で団塊世代が高齢者に突入。
10年先と言えば2030年で、高齢者問題に突入。
その2030年はどうなっているのかの予測です。

(さらに…)

ウェブカメラを買ったらゴミだった

昨日、アマゾンからウェブカメラを注文しました。
おっ、安いじゃん。
中華だし、評価もかなりいい(かなりウソがあるのは知ってますw)
3700円くらいだから試すかと。

https://amzn.to/2ZyktT0

評価☆5つってのはウソだろって

実は、昨日見たときは、3や4もついていた。
もちろん、私は☆1もつけたくないくらいゴミ商品

 

しかし、最近、中華製のこういうのが多いな。
あの人たち、事前に把握して消すんですよ。
何故それを知っているかと言うと、前回、椅子を買ったときに中国の担当者から「評価、見ました」と。
まだ公開されていないのに。
それが公開されぬまま闇に落とされた。
これが問題だなって。

(さらに…)

人の生死と葬送ビジネス&投資家

有限会社ワイ・イーワイの業務はいくつかあります。
いくつか紹介いたします。
一つは葬祭業専門のシステムインテグレータ、一つは相続コンサルティング、更に海外からの投資家へのコンサルティングです。
まだ他にもありますが、力を入れているのがこの辺りです。
もちろん、個性心理學の講師も行っています。

海外の投資家と言うよりも投資家そのものは、会社がいくら儲かって、いくら株主に配当されるのかです。
つまり、Equityがメインです。
Equityというのは「投資(資産)マイナス費用(借金)」で残高です。
それに対するリターンと言うことになります。つまりROEです。

私が仲良くしている住職の一人に東近江市の玄照寺の瓜生住職がおります。
こちらが瓜生住職の最新の本です。

https://amzn.to/2XlgKp0

生死(しょうじ)の苦海(くかい)ほとりなし
親鸞聖人が書いた誌です

生死は生まれて死んでいくことは苦しみだと言うこと
苦しみというのは自分以外誰もわからない
地獄=自分の業の苦しみ「自業苦」
「自分が」と言うことで苦しむ
他人は絶対に自分の苦しみをわからないが似た経験で苦しみはわかる
みんな苦しみは違うが人生そのものが苦しみがある
逃れない苦しみがある。

(さらに…)

jFuneral.comへ移行

2019年4月1日

今年も新日本ボクシング協会 第十一代日本バンタム級王者の瀧沢博人選手とメインスポンサー契約いたしました。

 

 

そして、当社は事業によってドメインを明確にして参ります。

技術営業やセールスプロモーションはこのまま Y.E.Y. (http://www.yey.co.jp) にも反映していきます。

それ以外の葬儀・終活に関しましては「ジェイ・フューネラル事業」(https://jfuneral.com)にて掲載いたします。

jfuneral.com に関しましてはこちらへ:

 

会社の方向性

毎年この時期は悩むんですよ(社長が)←ヤバイちゃう?(笑)

冗談抜きに、11月から翌年の6月までモヤモヤ感がいつもあるんです。
12月は確定申告もあり、11月から色々と経理処理を終えないとならない。
12月は年末もあり、銀行業務や支払いが前倒しになる。
そして年始を迎える。
今まで12月に入ると800枚くらいの年賀状を作っていた。
これが鬱の根源でもあったが、この数年、年賀状を作るのも出すのも私は放棄しました。
楽しみにされていた方々、ごめんなさいね。

(さらに…)