ホーム » 「コンサルティング」タグがついた投稿

タグアーカイブ: コンサルティング

エンディング産業展で作ったアライアンス

昨年11月24日から三日間東京ビッグサイト青海展示場で開催されたエンディング産業展2020年にて様々な会社さんが参加されました。
今まではなかったような会社が参加されたことはとても喜ばしいことです。
何しろ、何故この時期に新規参入者がいるのかと。

実際は、新規参入者ではなく、葬儀業界と取引があった会社さんたちです。
一つは真珠産業。
もう一つは追悼関係。

真珠といえば妻の実家が神戸の真珠屋で、私も当時は色々と仕入れて販売していました。
婚礼時には真珠ということで。
実際、真珠はナマモノであり、本来葬送儀礼にはふさわしくないということだったのですが、それを言ったら通夜時の直会(なおらい)で故人へのお清めとして出されるお寿司やお刺身もアウトになります。
文化は時代とともに進化しています。

 

(さらに…)

お客は何に困っているのか?

葬祭業のコンサルティングをやっていると、お客が困っていることはただ一つ。
どうやって仕事を増やすか。
仕事が増える=売上が伸びる。
経費が伸びてはならないのは鉄則だ。

葬儀社の難しさというのはマーケティング(種まき)は出来てもバーゲンセールは出来ない。
まして、今は三密を避けるために出来るだけ大きな葬儀を誰もしたくてもできない。
今までの「会員制」で割引制度を設けていた時代はもう古い。
お客は作れない!

  • ウェブサイトがあります。
  • 値段も公表しています
  • 予約もできます。
  • 見積もりもできます。
  • エンディングノートセミナーしました
  • 事前相談もできます

いや、これじゃダメなんです。

(さらに…)

Zoomの運命は次のBlackBerryか、それともAndoridか?

TechcrunchのExtra Crunchにて記事が掲載されていました。
残念ながら、この記事のすべてを日本国内で読むことが出来ません。
何故だか、規制をかけている意味がよくわからないのですが。
しかし、一部は読めるのでご紹介いたします。

Zoomは現在飛ぶ鳥を落とす勢いでオンライン会議の市場を制覇していってます。
かつてのBlackBerryがケータイ市場を網羅したと同じように。
Zoomは次のAndroidになれるか、それともBlackBerryになるのかが持ち上がっています。

 

つまりZoomは新興企業で未だに問題が多いです。
セキュリティ以前にOSの違いでUIが変わっていたり、機能が使える人と使えない人もいる。
ナンで?と思うくらいメチャクチャです。

(さらに…)

今後10年の葬儀のトレンドは

10年後どころか明後日の天気ですらわからないのに、10年後を予測するの?
お笑いでしょうけど、ご愛嬌ということで。

さて、葬儀業界は私が幾度も多くのところで言ってますが、縮小しています。
人が多く亡くなっているのに縮小とはどういうことだ〜って。
人が亡くなる数は多くても、葬儀に使う金額はとても縮小している。

つまり葬送ビジネスは廃れていく産業でもある。
jFuneral.com でも伝えたが、日本の葬儀ビジネスは完全競争市場に近い産業であり、今では儲けを出すには非常に難しくなっている。

葬儀業界があまりにも意味不明であったから、それを優しく説明してくるYouTuber佐藤さんみたいな方がとっても人気がある。
あのお方の本業はYouTuberではありませんので!ちゃんとした正統派の葬儀屋さんです。

その中でトレンド、5年先、10年、15年、20年はどうなるのか。
5年と言えば2025年で団塊世代が高齢者に突入。
10年先と言えば2030年で、高齢者問題に突入。
その2030年はどうなっているのかの予測です。

(さらに…)

人の生死と葬送ビジネス&投資家

有限会社ワイ・イーワイの業務はいくつかあります。
いくつか紹介いたします。
一つは葬祭業専門のシステムインテグレータ、一つは相続コンサルティング、更に海外からの投資家へのコンサルティングです。
まだ他にもありますが、力を入れているのがこの辺りです。
もちろん、個性心理學の講師も行っています。

海外の投資家と言うよりも投資家そのものは、会社がいくら儲かって、いくら株主に配当されるのかです。
つまり、Equityがメインです。
Equityというのは「投資(資産)マイナス費用(借金)」で残高です。
それに対するリターンと言うことになります。つまりROEです。

私が仲良くしている住職の一人に東近江市の玄照寺の瓜生住職がおります。
こちらが瓜生住職の最新の本です。

https://amzn.to/2XlgKp0

生死(しょうじ)の苦海(くかい)ほとりなし
親鸞聖人が書いた誌です

生死は生まれて死んでいくことは苦しみだと言うこと
苦しみというのは自分以外誰もわからない
地獄=自分の業の苦しみ「自業苦」
「自分が」と言うことで苦しむ
他人は絶対に自分の苦しみをわからないが似た経験で苦しみはわかる
みんな苦しみは違うが人生そのものが苦しみがある
逃れない苦しみがある。

(さらに…)

6月のフューネラルビジネスフェアは中止

お正月から久しぶりの投稿です

1) フューネラルビジネスフェア中止

6月末に予定されていた綜合ユニコム社主催のフューネラルビジネスフェアがコロナウィルスの感染予防にて中止となりました。

2) IGON4U事業 相続情報

姉妹サイトの相続事業のゆいごん.みんなにて日々相続関係情報をアップしております

3) 相続情報 ポッドキャスト jFuneral

こちらにてほぼ毎日、相続に関する情報を放送しております
またアップルのiTunesにてもお聞きいただけます

 

真の乱数発生とは

Y.E.Y.として今、市場を開拓していますのが、「真の乱数」発生チップです。
これは東京理科大学からスピンオフしましたベンチャー企業、Quantaglion社の技術です。
露崎社長と一緒になぜ今、真の乱数が必要かと。

まず、真の乱数とは何か。
簡単に言えば、乱数は乱数です。
しかし、今の乱数はソフトのアルゴリズムにて作られております。
これは量子コンピュータが普及すればすべて破られてしまいます。
乱数が必要なのは、皆さんのセキュリティを確保するためです。
普通の一般人には乱数は必要ありませんが、電話会社や重工関係でハードウェア・セキュリティ・モジュールなどを利用しているところが対象です。
もちろん、WindowsにもTPMという形で利用されています。
これはワンタイムパスワードとか発生するときなどに利用されてます。

(さらに…)

英文ページを追加いたしました

当社 有限会社ワイ・イー・ワイを紹介する英文ページを加えました。

We have included the English Page.
For more info, please refer to ENG page.

一部の事業ですが、葬祭業コンサルティング業務、遺影作成業務、そして個性心理學業務(「死に方改革」及び「旅のデザイナー」)を紹介いたしました。

当社、海外とのやり取り、更に個性心理學を英語にて講演することになりましたので英語のページを追加することになりました。

http://www.yey.co.jp/eng

 

人材・人員コンサルティング

個性心理學を通じて人材コンサルティングを行っています。
社会で一番ストレスの問題が人間関係です。
あの人が、あ〜だの、この人が、こ〜だのと。

人は適材適所に配置するのがベストです。
しかし、どこに誰を配置するかを考える必要があります。
人は個性の塊です。
個性がない人は存在しません。

ヒューマンリレーションにてコンサルティングを行っています。

(さらに…)

終活・相続コンサルティング

終活と言えば、今は流行りかと思うくらいの需要があります。
しかし、本当の終活が必要の人のためになっているかどうかが疑問です。
当社はB2BとB2C両方の終活コンサルティングを行っています。

B2B終活コンサルティング:

個性心理學を用いた、葬儀社さんや保険屋さん一人ずつに対する業務提携。
今では保険業界が色々な商品を出してきておりますが、葬儀屋さんのためのツールやノウハウがありません。
顧客の囲み方は単なる保険だけではありません。こちらをチームとしてのご提案をさせていただきます。
こちらの費用はチームとしての動きであり、成功報酬型で個別対応となりますので金額はそれぞれとなります。

B2C終活コンサルティング:

個性心理學が用いた自分の最期の決め方のコンサルティング。
無料セミナーや有料・無料の終活用のエンディングノートの書き方などがあります。
個人向けですので企業でのご参加はございません。
会員登録及び登録料(2017年度 1000円)は必要です。